連合品川「政策・制度要求」に関する意見交換会を実施。

掲載日:2021年4月27日

回答受理(左:濱野区長、右:馬越議長)

 2021年4月23日(金)10時30分、連合品川地区協の「政策・制度要求」に対する品川区の回答説明と意見交換会が行われました。

まず、連合品川の馬越議長が「コロナ禍の中、区への意見提案を受け止め、回答をいただき、有難うございました。政策実現に向けて協力し、進めていきたい」と挨拶を行いました。次に、濱野品川区長が「連合の政策は現実的で区政の参考にさせて頂いている」と述べました。

回答書の概要説明が行われた後、意見交換となりました。馬越議長は「公契約条例は、働く人々や区民の暮らしに必須である。導入に取り組んでほしい」と訴えました。濱野区長は「公契約条例について、毎回ご提案いただいている。堅実に進めていきたい」と答えました。

他には、健康増進や災害ごみの分別、待機児童問題、公共工事の進捗状況、労働教育、小学校の35人学級など、多岐にわたる区政分野の意見と回答があり、会が終了しました。

濱野区長と連合品川地区協役員

一覧ページへ

これより新しい記事はありません
これより新しい記事はありません