三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2019.12.04
多摩東部第二地区協 新体制でスタート 〜第28回定期総会開催

 連合多摩東部第二地区協は、12/4(水)18:30〜東芝労働組合府中支部ユニオンセンターにおいて、第28回定期総会を開催しました。
 久保副議長の司会で開会し、議長団には、有田代議員(UAゼンセン)、田丸代議員(JAM)が選出されました。
 冒頭、宮川議長から「労働基準法が改正され、それぞれ労使で働き方改革に取り組んでいると思う。今年は、統一地方選挙参議院選挙と選挙イヤーとなったが、私たちの声を届けてもらうためにも、推薦議員のみなさんとの連携は重要である。今後も地域に根差した多摩東部第二地区協の活動を行っていきます。」と挨拶しました。
 来賓として、加藤連合三多摩ブロック地協事務局長、高橋稲城市長、松原狛江市長をはじめ、各級議員、友誼団体のみなさんにも連帯のご挨拶をいただきました。
 梶山事務局長から、2019年度活動報告・決算報告・会計監査報告を行い、2020〜2021年度活動方針、2020年度予算、役員改選が満場一致で承認されました。
 新体制が確認され、宮川議長による代表挨拶を行い、土橋前議長代行、山本・野崎前副議長、片岡前事務局次長、長谷川・高橋・千田前幹事より、退任挨拶をいただきました。
 最後に、宮川議長による力強い頑張ろう三唱で閉会いたしました。

ご参加いただいた各級議員のみなさま
<小山都議会議員、井上・榊原調布市議会議員・篠塚多摩市議会議員>


ページトップへ戻る