三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2019.11.07
現場での安全性の重要さを体感〜連合三多摩女性委員会職場見学会
 連合三多摩女性委員会は、11月7日(木)、職場見学会を実施しました。毎年秋頃、女性委員が所属する職場や連合三多摩役員の職場に訪問し、学習をさせていただいており、今年は、メンバーの鈴木さんが所属する、「富士電機労働組合東京支部」にお伺いしました。

 まず、本館展示会場において、富士電機の会社紹介、事業概要、東京工場の紹介のご説明をいただきました。その後、井上さんより、現場の見学ということで、プリント板自動実装ラインと制御盤組み立て現場をご案内いただきました。自動販売機や、セブンカフェ、プロセス制御システム等私たちの身近なところで、富士電機さんにお世話になっているということがわかりました。
最後に、危険体験ということで、VRによる、高所からの墜落してしまったときの映像を体感することができ、恐怖を感じるとともに安全性の大切さを学習することができました。主に社内教育の研修で活用されているということでした。

 見学と体験の後は、石川執行委員長より、富士電機労働組合と東京支部の取り組み、また富士電機グループで取り組んでいる男女平等に対する取り組みについて講話いただきました。労使での取り組みや、組合員からの声で組合活動を活性化している成功例など、大変勉強になり有意義な意見交換ができました。
ページトップへ戻る