三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2019.11.06
連合三多摩推薦議員とワンチームで連携強化を〜推薦地方議会議員学習会・懇談会 開催
 連合三多摩ブロック地協は、11月6日(水)、「2019推薦地方議会議員学習会・懇談会」を開催し、56名の方にご参加いただきました。
 長崎議長の挨拶では、「政党は違えどワンチームになることが大切である。今後とも連合と推薦議員のみなさんとの連携を強化し、働く者、生活する者にとってよりよいまちづくりができるように頑張っていこう」と挨拶しました。
 その後議員代表として、世話人会の清水府中市議会議員より挨拶をいただきました。
 学習会では、藤岡八王子自治研究センター理事長より「連合三多摩と自治体―政策協議の現状と課題」と題しご講演いただき、自治体の役割や人口減少に伴う行政の在り方について学習しました。
 続いて、小山都議会議員より「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会〜大会準備の状況について」と題し、来年に迫ったオリンピック・パラリンピックの現状について講演いただき情報共有をいたしました。
 坪川事務局長からは、政治関連の取り組みや、連合推薦への意義について、改めて議員のみなさんとこころあわせをいたしました。
 最後に高橋議長代行による閉会挨拶により、盛会のうちに終了しました。
 今後も、推薦議員のみなさんとの連携を強化していきます。
ページトップへ戻る