三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2019.09.02
組合員間の交流が深まる〜連合多摩東部第一地区協「お酒のセミナー」を開催

 連合多摩東部第一地区協は、8月30日(金)魚萬三鷹北口駅前店にて、「お酒のセミナー」を開催し、42名(うち女性17名)と多くの方にご参加いただきました。
 毎年、モンテローザ労組と株式会社モンテローザ―、労使一体の全面協力のもと、お酒のセミナーを通じて参加者間、他組合との交流を図っております。
 中山事務局長の司会で開会し、小宮議長から「毎年行っているお酒のセミナー。参加者のみなさんとの交流を図りながら、お酒を通じて楽しく様々な組織のみなさんと交流を図ってください」と挨拶しました。
 今年は、メルシャン株式会社さんから「ワインの教室」と題して、ワインの味わい方や、料理との相性等の講義をいただき、実技として3種類の赤ワインのぶどう品種を当てるゲームを行い、大変盛り上がりました。ワインを楽しみながら、様々な組合のみなさんと交流することができ終始和やかな雰囲気の中、終了いたしました。
 今後も、連合多摩東部第一地区協は、地域に密着した活動を行っていきます。
 


ページトップへ戻る