三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2019.05.15
西多摩地区協学習会「女性に習う護身術」〜見えないバリアで毎日幸せに生きる〜

 連合西多摩地区協議会は、5月15日(水)18:30〜、羽村市産業福祉センターにて、防犯・護身術師のおりえさんをお招きし、学習会「女性に習う護身術part2」を行いました。
 冒頭、熊谷議長からは「この学習会は特に女性に好評で、昨年に引き続き2回目の開催です。みなさんのまわりでも詐欺被害など多いと思います。是非ここで学んだ護身術を、単組や家族・友人に伝えてください」と挨拶。

 前段の講義は『世界には悪徳商法や詐欺が溢れている』という話しからスタート。講師から「詐欺の種類や内容などを知っていながら詐欺の被害に遭う確率は、みなさんどれくらいだと思いますか。」の質問に、せいぜい7割くらいかと想定しましたが、驚くなかれ、97%の確率で被害に遭っているそうです。誰しも、自分だけは大丈夫と思っていることと、プロの詐欺集団の手口は大変功名なので騙されやすい、ということだそうです。講義では、具体的な詐欺事例や対処方法などをレクチャーいただき、日々変わる詐欺手口に対抗するためにも『お金の話しはまず怪しいと思え』と教えていただきました。

 その後は、簡単護身術体験を学び、いざというときのために備える練習をしました。「護身術は身を守る術です。防犯知識や心得などを知っておくこと、体験しておくことは、様々な問題や事件、被害を未然に防ぐためにも、とても大切です。見えないバリアで毎日幸せに健康に生きることこそ、防犯・護身術の目的なのです。」と、最後に講師から伝えられたことばが印象的でした。

 講師HPは以下をご参照ください。
 HP https://ori.amebaownd.com/
  *5月13日〜日経クロスwoman総合コミュニティTerrace(ARIA/doors/8月よりDUALも)にて記事感想ブログ開始


ページトップへ戻る