中南ブロック地協

この記事を印刷する

2018.12.07
連合品川が第1回地区協委員会を開催
 連合品川地区協議会は12月4日、田町交通ビルにおいて、第1回地区協委員会を開催しました。代議員38名、地区協役員20名、来賓など11名が出席しました。

 連合品川地区協を代表し馬越地区協議長の挨拶から始まり、来賓として、はまの品川区長、真島連合東京政策局長、小坂中南ブロック地協議長代行、松原仁衆議院議員、石田しんご品川区議、あべ祐美子前品川区議、後藤東京都労働相談情報センター大崎事務所長、谷口品川高退連事務局長が挨拶をされました。

 続いて、2018年度の活動・会計報告の後、2019年度の運動方針と役員体制等を確認しました。


 役員選出では、馬越議長(UAゼンセン)、増淵議長代行(自治労)、曾根新事務局長(東京教祖)、田中事務局次長(情報労連)、鍋倉新事務局次長(自動車総連)が選出されました。
 連合品川地区協は、「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け、構成組織や地域と連帯し、組織の強化と拡大、政策制度要求、労働環境の改善など各種運動に取り組んでまいります。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
ページトップへ戻る