西北ブロック地協

この記事を印刷する

2018.10.09
西北ブロック地協「労金・全労済 次世代イベント」で職場見学会を開催

 10月5日、連合西北ブロック地協「労金・全労済推進協力会議による、次世代リーダー職場見学会」で、国立印刷局東京工場を訪問しました。紙幣の歴史、国立印刷局の事業等のお話しに続き、工場内での印刷や裁断の工程などを見学、展示室では一万円札で1億円を束ねたダミーを実際に持ってみたり、貴重な体験をさせて頂きました。
 東京工場では、日本銀行券以外に、官報、旅券、郵便切手、印紙・証紙、IDカード等を取り扱っています。
その後、全印刷労働組合役員との意見交換を行い、質問に答える形で、組合組織率は、オープンショップでも100%で、定年後の再任用職員も組合に加入していること。また、新入職員に対する組合説明会を行い、労金・全労済の各種商加の拡大にも取り組んでいる等の説明がありました。
 その後さらに、参加者による懇親会を行い交流を深めました。

 


IMG_6533.JPG

IMG_6521.JPG

ページトップへ戻る