中南ブロック地協

この記事を印刷する

2018.06.09
品川駅前に組合員が結集 「高プロ反対」を訴える
 連合東京中南ブロック地協は6月8日、JR品川駅港南口にて「連合東京・労働組合の日」行動を行いました。
 組合員、応援弁士等の80名が結集しました。

 「労働組合の日」は6月9日ですが土曜日のため、今年は前日に行いました。金曜日の夕方、JR品川駅港南口前で多くの働く人が行き交うなか、参加組合員から労働相談ダイヤル案内を載せたティッシュ、労働法等ルールを載せた「働く・知らなきゃ手帳」を配布しました。
 
 連合東京の岡田会長、傳田・村上局長、七戸・杉浦港区議が、高度プロフェッショナル制度の導入反対、職場における労働組合の必要性を訴えました。また、海江田衆議院議員、藤井世田谷区議、石田品川区議も応援に駆けつけてくださいました。
 
ページトップへ戻る