中南ブロック地協

この記事を印刷する

2018.03.29
連合目黒地区協、毎年恒例の「クリーンキャンペーン」開催

  連合目黒地区協議会は3月29日、毎年恒例となった目黒川周辺クリーンキャンペーンを実施しました。役員、組合員の皆さん、長妻・手塚衆議院議員秘書、西崎目黒区議、藤井世田谷区議など14名が参加しました。

 昨年は、雨天のため作業できませんでしたが、今年は満開の桜の下を歩きながら、上へ下へと楽しみつつのゴミ拾いでした。花びらは川面にただよい桜色の絨毯を紡ぎ、ひらひら舞う花びらは妖精のダンス。日本の桜は本当に美しく、色々な国の言葉が飛び交っていました。皆さん満喫されたのではないでしょうか。

 ちなみにゴミはほとんどなく、皆さんのマナーの良さをうれしく思いました。

 連合目黒は、これからも活動を続けてまいります。来年も好天と桜に恵まれますように。

 


ページトップへ戻る