西北ブロック地協

この記事を印刷する

2018.03.09
豊島地区協「春季生活闘争駅頭宣伝行動」実施!

 豊島地区協は、3月9日(金)18時から池袋駅東口において、「クラシノソコアゲ 春季生活闘争」の駅頭宣伝行動を実施しました。
 お昼過ぎまで雨が降り実施が心配されましたが、雨は夕方に上がり、9組織23名と弁士をあわせた32名が参加しました。

 
 街宣車の上から、牧議長(東交労組)の司会で、山口豊島区議会議員、連合東京の内村組織局長、吉岡労働局長、二木政治・地域局長、本田総務企画局長がマイクを握り、春季生活闘争や労働相談、そして有期雇用労働者の無期転換ルールについて訴えました。

 街宣車前の歩道に横断幕をかけ、道行く人にアピールするとともに、参加組合員が訴えのチラシを入れたティッシュを配布しました。
 

 駅頭宣伝後は、第2回幹事会を開催し、春のファミリーレクレーションや地域ミーティング等について協議しました。

 今年度も地域に根ざした活動を展開していきます。


ページトップへ戻る