西北ブロック地協

この記事を印刷する

2018.02.09
連合北地区協〜ボウリング大会開催!〜

 連合北地区協は、恒例のボウリング大会を2018年2月9日(金)18時から、三恵ボウル赤羽で開催しました。ゲーム参加者は8組合と労金王子支店の48名(うち女性4名)、他に事務局5名をあわせた53名で実施しました。

 
 北地区協西村議長(全印刷労組)の「本日は、たくさんのみなさんにお集まりいただきありがとうございます。今年で23回目となるボウリング大会です。けがのないように楽しんでください。」という挨拶でゲームがスタートしました。
 

 会場となった三恵ボウル赤羽は、スコアを参加者自身が手書きするという今では珍しい方式で、チーム毎にスコア表を覗き込みながら和気あいあいとゲームを進めていました。

 ストライクでハイタッチ、1ピンだけでもグータッチと、仕事の疲れも吹き飛ぶような笑顔で楽しんでいました。
 

 ゲーム終了後は、1階で表彰式と懇親会を行いました。
 水品事務局次長(東交労組)の進行で行われた懇親会は、まず西村議長から、北地区協の活動や今年度の予定とみなさんのご協力をお願いし乾杯しました。

 次に、各組織代表者から「組織紹介と提供景品の紹介」が和やかな雰囲気の中行われました。
 

 表彰式は、吉田事務局長(東交労組)が順位を発表し、スコアの高い順に好きな景品を選んでもらいました。
 
 景品は、参加した各組織、中央労金王子支店、西北ブロック地協と、ご参加いただけなかった全労済西北部支所からもご提供いただきたくさん集まりましたので、参加者全員が景品を受け取ることが出来ました。
 最後に鈴木議長代行(JR東労組)から締めのご挨拶をして散会となりました。
 

 片付け終了後の21時から、第2回幹事会を開催し今後の日程について話し合いました。
 北地区協は、今後も組織間の交流と連携強化をめざした活動を実施します。

 


ページトップへ戻る