三多摩ブロック地協

この記事を印刷する

2017.12.26
多摩の未来に夢を〜2017推薦地方議会議員学習会・懇談会を開催
   連合三多摩ブロック地協は、2017年12月20日(水)15時から、立川女性総合センターアイムにて、「2017推薦地方議会議員学習会・懇談」を開催し、推薦都議会議員・推薦地方議会議員35名を含む、87名に参加いただきました。
  主催者を代表して、高橋三多摩ブロック地協議長代行より「連合は『働くことを軸とする安心社会の実現』にむけて、様々な運動を行っているが、政策はその柱の一つとして重要な活動である。また、特に、三多摩地域は職住接近という特性の中で、この街に住んでいてよかった、働いていてよかったと思える街を 築いていくことはもとより、議員のみなさんともwin-winの関係を継続していきながら、今後もご協力をお願いしていきたい」と挨拶をいたしました。
  続いて、「政策・制度の取り組み〜多摩の未来に夢を〜」として、渡辺連合三多摩ブロック地協副議長(政策・制度プロジェクト主査)よりご提起いたしました。その後の学習会では、一般社団法人八王子自治研究センターの藤岡理事長より、「連合三多摩2017政策・制度分析評価の解説」について、ご提起いただきました。連合三多摩の政策・制度要求については、今年度初めて分析を行っていただき、その回答について次年度へはどのように活かしていくのか、自治体の回答をどう読んでいくのか等、詳しくご説明いただきました。

 毎年この学習会は、三多摩の政策・制度について議員のみなさんにもご参加いただき、政策を進めていく上でも、政策制度を実現するためにも、懇談を含め、大変貴重な場となっています。連合三多摩は、「自治体首長、自治体機関、地域住民の最も信頼できるパートナー」という、藤岡さんのメッセージを胸に、今後も活動を行っていきます。
ページトップへ戻る