東部ブロック地協

この記事を印刷する

2017.09.04
「連合東京・労働基準月間」の駅頭宣伝行動を上野駅で行う!
 連合東部ブロック地協は、9月4日(月)に、上野駅前にて41名で駅頭宣伝行動を行いました。
  
   9月は連合東京「労働基準月間」として、 「労働者の権利は守られていますか?」「安心して働ける職場を作ろう」などの働く労働者の権利を保護、拡充する取組を展開しています。
 
   連合東京宣伝カーを使用し、渡辺事務局長の進行により、沖山議長・連合東京から尾野企画局長・内村組織局長・傳田労働局長の皆様より、長時間労働の撲滅や36協定の重要性などの様々な労働問題について街中に訴えました。また、ご通行中の皆さんに配布しているチラシ・ティッシュには「労働相談」について明記されているので、労働問題でお困りの方はチラシに記載の番号に電話を掛けてくださいなどの案内も同時に行いました。
 
   そして地元、台東区より、松尾民進党東京第2区総支部長・中山都議会議員・本目区議会議員の方々にも協力をいただき、また北條民進党東京第13区総支部長・銀川政策委員・米山足立区議会議員にも参加をしていただきました。
 
   週のはじめなので、いつもより人通りが少ない気がしましたが、用意した3000枚のチラシ・ティッシュを皆様のご協力により、すべて配ることができました。
ページトップへ戻る