連合東京ニュース

この記事を印刷する

2019.10.29
連合東京2019年度ボランティアサポートチーム第6回研修 30名が修了しました
 10月26日(土)連合東京2019年度第6回VST研修が行われました。

 第6回の研修内容は、未来”連合東京”新聞づくりです。
 未来”連合東京”新聞づくりとは、未来の自分をイメージし、それを新聞編集しまとめることです。
 テーマは「5年後の自分が、これまでのVST研修を通じて、新聞社から皆さんに活動を新聞で特集したいと依頼された」という設定です。
 新聞づくりは4つの班に分かれて、特徴的・印象的な研修内容をふりかえり、5年後の自分たちが新たに何に取り組んでいるのかを考えながら、興味深い未来”連合東京”新聞を作成しました。

 未来”連合東京”新聞の講評は、坂井VSC事務局長が行い、あわせてVSC活動や地域ブロック地協活動について説明し、今後の活動参加を呼びかけました。
 4月から開講したVST研修は、オプション研修2回を含む、8回の研修を数え、無事終了した31名の仲間が新たに連合東京ボランティアサポートセンター(VSC)のメンバーに加わることになりました。

 続いて、修了式では、杉浦会長から「今回の研修で培った知識や経験を、職場や組合活動、地域活動に活かしていただきたい。また来年のVST研修について、職場の先輩や後輩たちをお誘いいただき仲間の輪をどんどん広げていきたい」と半年間の労をねぎらう挨拶を受けました。
 
 連合東京は、これからもVST研修を通じて、防災・減災に対する学びの場やボランティアスキルの向上、ボランティアリーダーの育成を行い、地域に顔の見える社会貢献活動を行っていきます。


修了生の皆さんへ
これからのVSC活動への参加、来年のVST研修についてもご協力をお願いします。
修了報告書の提出について、報告書をダウンロードのうえ、11月7日(木)までに、VSC事務局 vscjimu@jtuc.rengo-tokyo.gr.jp までお送りください。

2019年度修了報告書.docx

ページトップへ戻る