福祉・ボランティア

この記事を印刷する

2019.04.14
連合東京VST研修始動!(2019年度)

 4月13日(土)田町交通ビルにて、2019年度連合東京VST(ボランティアサポートチーム)の結成式と第1回研修を行いました。
 今年度の受講生は37名。年齢・性別・業種に違いはあるものの、ボランティアを学ぶ意思の基に、今年も集まりました。

 前段の結成式では、連合東京より蒔田副事務局長が、連合東京VSC(ボランティアサポートセンター)より宮地代表が挨拶を行いました。挨拶の中で、VST研修での苦労話や当時の思い出、楽しさや過去の取り組み紹介に併せ、活動の楽しさなどもお伝えしました。
 また、宮地代表はVST研修の2期生であり、この研修がキッカケでVSC代表を務めることにつながったエピソードも含めて挨拶を行いました。
 その後、宮地代表よりスライドショーやパワーポイントを使い、VST研修の成り立ちや研修内容について研修生に伝えました。

 第1回研修は「搬送法」です。まずは昨年のVST卒業生による劇(直下型地震が起きたときの救出劇)を鑑賞した後、劇中で実演した搬送方法を学びました。

 昨年は北海道胆振(いぶり)東部地震や西日本豪雨災害の発生などもあり、続けて発生する災害には今後とも備えていかなければならない事も念頭に、皆さんには頑張って研修に参加し、受講者全員が卒業して頂きたいと思います。

 研修終了後、参加者の皆さんの参加で懇親会を行い、各班のメンバーの懇親をはかり、各々の距離も縮める事ができました。
 6か月にわたる研修ですが、安全に万全を期して、皆さんで楽しく進めていきましょう!

2019VSTニュースフォーマット.doc

ページトップへ戻る