福祉・ボランティア

この記事を印刷する

2019.02.19
2019年度 連合東京ボランティアサポートチーム(VST)研修 まだまだ募集中!

2019年度「VST(ボランティア・サポート・チーム)研修」受講者を募集しています。

4月から10月の半年間、通常研修6回・オプショナル研修3回を行います。
ボランティア経験のある・なしに関わらず、多くの方にご参加いただいております。(昨年は29名が参加)

【 VSTとは 】
1995年「阪神淡路大震災」をきっかけに、現地へボランティアとして派遣したのがVST活動の始まりです。そこから、災害支援のための基礎知識を学びたいと思う人たちの声から研修活動を開始しました。

【 研修内容(抜粋) 】
・車いすや白杖体験
・災害時のための炊き出し
・避難所運営ゲーム(HUG体験)   などです。

【 参加者からの感想 】
多くの参加者が、東日本大震災をきっかけにボランティア活動に興味を持ち始めたと仰っていました。
また、参加前までは、街中で障がい者を見つけても、勇気がなかったり、どうしていいのか分からないという意見がありました。しかし研修後には、実体験として障がい者の気持ちを汲み取り、行動を起こすことができたという感想もいただきました。

【 託児コーナー 】
本年度の研修より、希望される受講者があった際は、研修中「 託児コーナー 」設置しますので、ご活用下さい。 ※申込用紙に必要事項を記入願います。


多くのみなさまからのご参加を、お待ちしております。


2019VST募集リーフ(完成版).doc

ページトップへ戻る