労働局

この記事を印刷する

2019.01.28
1/28 春季生活闘争に向け連合東京「非正規労働センター担当者会議」開催
     2019春季生活闘争、雇用形態による不合理な格差解消へ
   同一労働同一賃金から、その改善に各組織が制度改革に取り組む


 1/28 連合東京は、「非正規労働センター担当者会議」を開催、昨年12/28厚労省指針発表を受けて、その内容ならびに連合としての対応の取り組み確認内容を労働局より時間をかけて説明。
 また、新聞報道もあり、社会的にも大きな反応が起こった日本通運の非正規の正社員化の具体的労使合意の枠組みや内容を当該組織より説明を受け、更に、各構成組織における取り組み予定が報告された。JP労組は今年も制度適用面の違う手当部分に改善を加え、中央労金労組も一時金支給などに向けて交渉、各組織が様々な課題の中で具体的検討を行っている。
 働き方改革推進本部としても、こうした動向に注目しながら、互いの工夫と知恵、経験の交換から全体推進を図って行きたい。
 (労働政策局長:傳田雄二)

ページトップへ戻る