連合東京ニュース

この記事を印刷する

2018.11.05
パラスポーツを応援しよう!「第22回日本シッティングバレーボール選手権大会」
 連合東京は、障がいの有無によらないコミュニケーションを広げ、誰もが参加可能な共生社会の実現に向けて取り組んでいます。
 そして、「東京2020パラリンピック競技大会」の会場を多くの観客で埋めていくため、これまでの間、組合員と家族も含めて、パラスポーツを知って頂くよう「体験教室」や「パラアスリートからの講演」などを通し、啓蒙活動を行いながら、その魅力を多くの組合員と共有してきました。
 これらの取り組みをさらに浸透させるため「第4回パラスポーツ体験教室(2018年11月3日)」で体験した「シッティングバレーボール」の観戦・応援を行い、組合員の参加意識の醸成と、誰もが尊重し、支え合う共生社会の実現をめざしていきます!
 なお、組合員の選手{小方心緒吏選手(自治労東京 北区職労)、齊藤洋子選手・竹田賢仁選手(自治労東京 港区職労)も、出場します!
 詳細・申し込みは、添付の文書のとおりです。ご参照下さい。
 ご家族・ご友人も、お誘い合わせの上、みんなで応援しましょう!


◆日 時 2018年12月8日(土)<集合12:30:メインアリーナ 外階段の下> 13:00〜16:00(予定)

◆場 所 「武蔵野総合体育館」メインアリーナ 武蔵野市 吉祥寺北町5-11-20


連合東京「パラスポーツ観戦{第22回日本シッティングバレーボール選手権大会}」について(2018年12月8日) 発文.docx

連合東京「パラスポーツ観戦・応援(シッティングバレー)」参加申込書.docx

ページトップへ戻る