労働局

この記事を印刷する

2018.04.10
2018春季生活闘争、各構成組織、まだまだガンバル!
 2018春季生活闘争 連合東京「底上げ」のガンバリはここからだ!
    未だ妥結組合は、半分、昨年妥結を上回る状況が継続

 
連合4・4発表(第3回回答)
  平均賃上げ回答 2,566組合 2,274,850人 加重平均 6,262円 2.13%
  昨年同時期比較 で +115円 +0.08%
  特に、300名未満の中小労組では、5,180円 昨年比+239円の頑張りだ!
    詳細は、ここをクリック ☞ 連合HPで参照    
  上記における都内労組分は、219組合分で 6,888円 2.15% と東京プレミアムが表れている。

 また、連合東京共闘集計では、添付資料、中小労組を多く含む集計だが、妥結201組合 単純平均 5,911円 2.21% 加重平均 88組合の7,038円となっている。
  また、連合東京は、4/10 中小労組支援対策会議を開催して、各産業の状況を情報交換し、今後、粘り強く闘いを継続する中小労組を全力で支援することを確認した。

 各参加組合の回答速報は、添付資料参照ください。  
 (労働政策局長:傳田雄二) 

コピー4.4 連合東京回答速報&回答集計.pdf

ページトップへ戻る