連合東京ニュース

この記事を印刷する

2017.11.15
(11/15) 東京労働局要請
2018労働政策要請書
    連合東京・岡田啓会長より東京労働局・勝田智明局長に手交

 
〇働き方改革の趣旨に合致した労働基準法改正を
 〇日本経済をリードする東京の労働基準遵守と法改正など周知と徹底を
 〇良質な職業安定をはかる
 
11/15午前 連合東京よりは、岡田会長、吉岡・蒔田・真島副事務局長、傳田労働政策局長、平野副部長が東京労働局で要請。東京労働局は、勝田局長はじめ、総務、雇用・均等基準、職業安定部長、企画課長が出席して要請を受けた。
 会長挨拶の後、連合東京よりは、傳田局長が2018雇用労働政策より東京労働局に重点要請する18項目の説明を行い、勝田局長よりは毎年の要請や労働局との連携に感謝が述べられるとともに、法改正など内容は(厚労省)本省に要請の趣旨を伝え、東京労働局として実施できるものは検討して、取り組んでゆきたいコメントされた。(添付の要請書参照)
 懇談では、長時間労働是正での産業別課題について、とりわけ運輸産業における是正と現状の動き、消費者を含めた取り組みなど幅広く意見交換された。 
(労働政策局長:傳田雄二)
  *要請書面PDF 添付

政策制度要求・2017,11.15.pdf

ページトップへ戻る