連合東京ニュース

この記事を印刷する

2017.09.20
連合東京・労金東京・全労済東京第4回協力会議を開催!!
   2017年9月19日(火)15時30分より労金都本部会議室において、「連合東京・労金東京・全労済東京第4回協力会議」を開催しました。
   会議には、24構成組織44名の出席をいただき、全労済東京都本部、上原次長の司会で開会し、協力会議を代表として白川議長(連合東京会長代理)、労金東京都本部を代表して山内常務理事、全労済東京都本部を代表して眇榾槁長よりそれぞれご挨拶をいただきました。
   議事では、協力会議の役員交代を確認いただくとともに労金東京都本部ならびに全労済東京都本部おける具体的な取り組みについて事例報告を行った。
   労金東京都本部における取り組みでは、町田市職労の小松中央執行委員長より、銀行カードローン問題を背景とした「家計改善運動アンケート」の取り組みとともに労金職員と労組若手が中心となって企画したライフプランセミナーの開催について報告がなされた。また、全労済東京都本部における取り組みでは、関東バス労組の鈴木書記長より、全組合員を対象とした「住まいの保証」点検アンケートの取り組みについて実績の向上とともに組合役員と組合員とのコミュニケーションツールとしての効果等について報告がなされた。
   引き続き、本協力会議を通して、連合・労金・全労済の運動を更に前進させ、組合員における労働者自主福祉運動の向上に繋がるよう努めてまいります。

DSC_1043.JPG

DSC_1047.JPG

ページトップへ戻る